ドライシャンプーの基礎知識

ドライシャンプーとは、水やお湯を使わないシャンプーのことです。水やお湯を使わずに手軽に髪の毛をキレイにできることから、病院や介護福祉施設などの医療・福祉現場や、キャンプなどアウトドア、ライフラインの復旧ができていない被災地などで重宝されています。

ドライシャンプーの使用方法

ドライシャンプーの使い方は簡単。シャンプーを頭皮に付けてマッサージしながら洗うだけ。洗い終わったらタオルで泡を取り除けばサラサラしっとりヘアになります。

【準備する物】

・ドライシャンプー

・タオル

・(あれば)ドライヤー

  • 1.泡を頭皮に適量付ける

    泡を頭皮に適量付ける

  • 2.髪や地肌になじませて、指の腹でマッサージするように洗う

    髪や地肌になじませて、指の腹でマッサージするように洗う

  • 3.タオルで泡を取り除く

    タオルで泡を取り除く

  • 4.ドライヤーで乾かす

    ドライヤーで乾かす

ドライシャンプーの種類

ドライシャンプーと一口に言っても、形状や成分などに違いがあります。手軽さがウリのドライシャンプーですから簡単に使用できるのはもちろんのこと、洗浄効果や頭皮への安全性も考えて選びたいものです。

形状

ドライシャンプーの主な種類は、液状タイプ、パウダータイプ、フォームタイプ(泡タイプ)の3 種類です。パウダータイプは、十分にパウダーが行き渡らない場合があるので、よく頭皮をマッサージしてなじませなくてはいけません。頭皮や髪に浸透しやすいのは、液状タイプとフォームタイプです。隅々までシャンプーが浸透して、普段のシャンプーと変わらない洗い心地を味わえます。

配合成分

天然のオリーブ油を原料にしたものや、シリコンやアルコールを含んだものなどさまざま。配合成分によって、洗髪後の仕上がりや洗浄効果、頭皮への安全性は異なります。洗浄効果だけを考えるなら界面活性剤など化学物質が多く含まれたものがおすすめですが、頭皮へのやさしさを考えるなら、なるべく天然由来の成分を配合したものを選ぶとよいでしょう。

どんなときに役立つ?

ドライシャンプーはノーリンス

良質なドライシャンプー

水のいらないシャンプー「ノーリンス」 水のいらないシャンプー「ノーリンス」は、天然由来成分配合の肌にやさしいドライシャンプーです。揮発性のあるエタノールやシリコンは含まれておらず、肌に負担をかけないマイルドな洗い心地を実感していただけます。ノーリンスは、世界各国の5,000以上の病院や介護施設、児童福祉施設で使われています。

  • ドライシャンプーはノーリンス

    ノーリンスの一番の特長は、天然由来成分を配合した肌にやさしいシャンプーであること。フケやかゆみなどを抑え、頭皮、毛髪を健やかに保ちます。

  • ドライシャンプーはノーリンス

    水で流さなくても、いつものシャンプーのようなスッキリとした洗い心地を実感していただけます。

  • ドライシャンプーはノーリンス

    泡が髪の頭皮のすみずみまで行き渡り、汚れを浮き上がらせてしっかり落とすことができます。

  • ボディウォッシュもあり

    シャンプーと同様、洗浄力を保ちつつも肌への刺激を抑えたボディウォッシュもあります。全身をやさしくすっきり洗い上げたい方に。

ノーリンスの特長